関東での水漏れ・詰まりなら富士水道センター富士水道センター

  • 水のトラブルはお電話ください! 通話料無料 0120-033-003
  • 24時間365日受付
  • お問い合せフォーム
お役立ちコラム東京都・神奈川・千葉・埼玉/各種詰まり・水漏れ・給排水設備・水道修理全般
  • 水道管が破裂?代表的な原因と修理依頼時のポイント

    水道管が破裂すると、大量な水漏れが発生する可能性があります。
    漏水によって大きな被害が発生し、また水道代も高く請求されるリスクがあるため、早急に対応しなければなりません。

    また、普段の生活の中で水道管が破裂しないように気をつける必要があります。

    では、水道管が破裂する場合にはどのような原因が考えられるのでしょうか。
    この記事では水道管が破裂する場合の代表的な原因や、修理依頼時のポイントを紹介します。

    目次

    水道管が破裂してしまう代表的な原因

    水道管が破裂してしまう代表的な原因として、以下のような点が挙げられます。

    • 長期間の使用による経年劣化
    • 寒冷地での水道管の凍結
    • 地震による衝撃

    各原因について、詳しく解説します。

    長期間の使用による経年劣化

    水道管は、一度設置すれば永遠に使用できるものではなく、日常的に使用することによって徐々に劣化が進行し、やがて破損してしまいます。
    一般的には、水道管の寿命は15年程度と言われており、15年以上経過した水道管はいつ破損してもおかしくありません。

    一見劣化が進行していないように見えても、内部から劣化が進行して水漏れに至るケースがあります。
    経年劣化はどれだけ注意して使用していても発生するものであるので、使用年数を常に確認しておきましょう。

    寒冷地での水道管の凍結

    寒冷地においては、水道管の凍結によって破裂して水漏れに至るケースがあります。
    これは、水が凍ると体積が膨張して大きくなるという性質によるもので、水道管内部にある水が凍結により膨張し、水道管を破裂させるのです。

    寒冷地では、水道管をいかに凍らせないかがポイントとなります。
    予防処置として、気温が氷点下になりそうな場合は、水道管の破裂を防止する対策をとることが重要です。

    代表的な対策法としては、蛇口から少量の水を出しっぱなしにして凍らないようにしたり、水道管が露出している箇所があればタオルなどを巻いたりして保温するという方法があります。

    天気予想や各自治体が提供する注意喚起などの情報を参考に、事前に対応できるかが重要となります。

    地震による衝撃

    まだ劣化が進行していない水道管であっても、地震などによる物理的なダメージが及ぶことで破裂して水漏れが発生する可能性があります。
    水道管は、通常は地中に埋められていますが、地震が発生して水道管周辺に大きな衝撃が発生して、破裂してしまうことがあるのです。

    震度がさほど大きくない場合でも、経年劣化により水道管が劣化した状態の場合、最終的に破裂して水漏れすることがあります。

    水道管が破裂しても修理せずにいると・・・

    水道管を破裂したまま、修理せずにいると家の中や野外で水漏れが生じます。
    家の中で水漏れした場合、床が濡れてしまうと同時に、近くに家電製品などがあると故障の原因となるほか、感電のリスクもあるため要注意です。

    さらに、濡れたままにしておくと床材が劣化すると同時に、カビが生えることで衛生面でも大きな影響を及ぼします。
    水漏れが止まらない場合、水を使用していなくても水道料金が請求されます。

    地中や壁内部などの見えない箇所での水漏れや、自然災害により発生した場合は水道代が減免される可能性がありますが、すべてのケースで免除してもらえる訳ではありません。

    他にも、マンションなどの賃貸物件の場合、上階で水漏れが発生すると下の階に被害が拡大するケースがあります。
    この場合、基本的には水漏れを発生させた方が弁償しなければならないケースが大半です。

    家財道具の場合は30万円程度、柱にまで被害が拡大していると100万円程度まで補償費用がかかるケースもあるので注意してください。
    保険に加入している場合は補償を受けられる可能性がありますが、うまく対応しないとトラブルに発展する可能性もあります。

    水道管が破裂したとき修理業者が到着するまでにしておきたい処置

    水道管が破裂した場合、基本的には自分で修理するのはほぼ不可能です。
    業者に依頼して修理してもらうことになりますが、修理業者が到着するまで何もせず待っていると被害が拡大してします。

    よって、自分で行える処置を施して業者の到着を待つことが重要です。
    最優先で行いたいのが、水栓を止めることです。

    水栓を閉めることにより水が止まるため、これ以上の被害拡大を防止できます。
    大半の止水栓は、水道メーター付近に設置されており、誰でも簡単に見つけることが可能です。

    ただし、建物によっては壁や床下に設置されている場合があるため、事前に確認しておくのがよいでしょう。
    止水栓を見つけたら、レバーを右に回すことで水が止まります。

    止水栓にはハンドル式やドライバー式、内ネジ式があり、ドライバーの準備が必要な場合もあります。
    応急処置で水を止めたら、次に設備会社に早急に連絡してください。

    戸建て住宅の場合はハウスメーカーや工務店、マンションやアパートの場合は管理組合もしくは大家さんなどに連絡します。
    もし、連絡先が不明な場合はお住まいの市区町村に問い合わせてください。
    そして、水道管のどこから水漏れが発生しているのか、破損した原因はどこにあるのかを調査します。

    冬場の場合、凍結による破損で他の住居でも水漏れが発生している場合があり、施設会社も混み合って翌日以降の対応となるケースもあるため、注意してください。

    対処時の注意点

    水道管の破裂は、自分で修理できないと同時に、給水装置工事主任技術者や水道技術管理者などの有資格者による作業が必要です。

    例え、自分自身で修理できる場合でも有資格者に依頼しなければなりません。
    さらに、水道局により指定を受けている業者でなければ、作業や工事を行えないのです。

    以上のことから、自分自身ではあくまでも応急処置のみを担当し、すぐに業者に連絡して修理を依頼してください。

    また、戸建て住宅で水道管が破裂した場合、資格がある業者に連絡して修理依頼が可能ですが、マンションなどの賃貸物件では自分の判断だけで修理できるのは専有部分のみです。

    共有部分で発生した水漏れは、管理会社に連絡して指示を仰ぐことになります。
    勝手に修理などをする場合、自責扱いとされたりトラブル発生の原因となったりするため注意してください。

    参考記事:水漏れ発生!水道修理業者の選び方や見積内容を解説します

    水道管の破裂を未然に防ぐためには定期的な手入れが大事

    水道管は、経年劣化によってやがて破裂して水漏れに至るケースがあります。
    そこで、定期的な点検やメンテナンスを行うことで、水漏れを未然に防止できる可能性があります。

    基本的には、水道管の点検やメンテナンスは専門業者に依頼することになりますが、自分でも普段から水道管を破裂させないように予防しておくことをおすすめします。
    水道管内部の清掃も重要であり、とくに錆落としは業者に依頼して2年に1回程度は行ってください。

    また、少しでもおかしいと思われる症状を発見した場合は、業者に相談し、水道管の破裂を未然防止に努めましょう。

    水道管の破裂の修理にかかる費用の相場

    緊急時のために、水道管の破裂の修理にかかる費用の相場を知ることも重要です。
    主な水道管破裂のパターン別の修理費用の目安は、次の通りです。

    • 簡易凍結修理:8,000円~
    • 屋内で発生した水道管破裂修理:20,000円~
    • 天井裏など目が届きにくい箇所の修理:30,000~50,000円

    上記費用以外にも、壁の中で水漏れが発生した場合は壁を一度撤去して水道管の修理を行い、また壁を張り直す費用も必要です。
    さらに、下の階に被害が及んだ場合は賠償費用が別途掛かります。

    以上の費用は、以下の制度や保険によって補填してもらえる可能性があります。

    水道料金の減免制度

    水道料金の減免制度は、先に紹介したとおり不慮の事故などで水漏れが発生した場合、水道料金を免除してもらえる制度です。
    例えば、蛇口や水洗トイレ、給湯器等の給水用具の故障を原因とする漏水の場合は、免除の対象となりません。

    また、全額免除ではなく、一定の計算式により免除額が算出されます。
    各自治体などで細かくルールが異なりますが、減免の対象となった場合の減免される水道料金は、前年同期等の使用実績をもとに基準水量を計算します。
    基準水量を超える漏水量の3分の2が軽減されるケースが多いです。

    よって、減免後の請求水量が基準水量に基準水量を超える漏水量の3分の1を加えた水量の費用負担は必要となるため注意してください。

    火災保険

    水漏れ被害を補償する保険として、火災保険が有名です。
    火災保険は、一見すると火災発生時にのみ適用されると思われがちですが、自然災害により発生した費用の補償もしてもらえます。

    オプションの内容次第ですが、補償内容として水濡れ補償と水道管凍結修理費用保険金が含まれるケースが大半です。
    ただ、補償を受けられるポイントは、原因にもよります。

    もし自宅で水濡れが発生した場合、水濡れの補償を受けるには給排水設備の事故でなければならないという点には注意が必要です。

    水道管の破裂の修理は専門の技術を持った業者に依頼しよう

    生活の中で水道管を破裂させないように対策することは可能ですが、水道管が破裂してしまったら、専門の技術を持った業者に修理を依頼する必要があります。

    富士水道センターは、首都圏で各種水回りトラブルの対応を行っています。
    水道管の破裂についても、24時間いつでも対応しており、深夜帯であっても追加料金はありません。

    水漏れトラブルが発生した場合は、富士水道センターにお気軽にご相談ください。

関連記事

ウォーターハンマーとは何か概要・原因と個人でできる対処法

トイレの止水栓からの水漏れの原因は?交換修理の費用も紹介

トイレ修理業者の選び方のポイントとは?修理費用の目安も紹介

洗面所の蛇口交換にかかる費用は?蛇口のタイプ別に紹介します

記事一覧はコチラから

キャラクター24時間365日深夜・早朝の作業OK!

水のトラブルはお電話ください!

24時間365日受付 割引番号 : 666
ページTOPへ