関東での水漏れ・詰まりなら富士水道センター富士水道センター

  • 水のトラブルはお電話ください! 通話料無料 0120-033-003
  • 24時間365日受付
  • お問い合せフォーム
お役立ちコラム東京都・神奈川・千葉・埼玉/各種詰まり・水漏れ・給排水設備・水道修理全般
  • ガス給湯器の水漏れ修理は自分でできる?注意点や費用の目安を解説

    ガス給湯器からの水漏れは、必ずしも故障とは限りません。しかし、放置しておくと危険な場合もありますので、原因を見極めた上で対処することが必要です。 ここでは、ガス給湯器からの水漏れに関する注意点と、ガス給湯器の修理や交換の目安について解説します。

    水回りのトラブルなら
    【富士水道センター】

    問い合わせ・見積もりは無料!
    24時間365日受付
    0120-033-003

    目次

    ガス給湯器の水漏れで、対処が必要か判断するポイント

    ガス給湯器から水漏れが起きた場合、まずやるべきはどこから水漏れしているのかを確かめることです。水抜き栓から水が出ているのか、それ以外から出ているのかで対処法は大きく異なります。

    水抜き栓からの水漏れ

    水抜き栓とは、ガス給湯器の下部についているパイプのことです。旅行や出張などで長期間ガス給湯器を使用していないとガス給湯器の内部の給水圧が高まってしまうので、それを防ぐために減圧機能が働きます。

    その結果、水抜き栓からポタポタと水が出ることがありますが、これは機能が正常に動いている証拠です。

    また、寒冷地用のガス給湯器の場合、真冬に気温が下がると、配管の凍結防止のために自動的に水抜きが行われます。この場合も水抜き栓から水が出ますが、正常な反応です。
    水抜き栓からの水漏れに関しては、お湯を出してみてトラブルなく使えるようなら特に問題はありません。
    ただし、お湯が出なかったり、長時間経っても水漏れが止まらなかったりするようなら、配管の破裂など内部で何らかの故障が起きている可能性があるので、こちらは対処が必要です。

    なお、寒冷地用ではないガス給湯器の場合、あらかじめ自分でガス給湯器の水抜きをしておけば配管の凍結を防ぐことができます。
    冬場、長期の旅行や出張で家を空けるときや、今後寒波が来るとわかっているときは、事前に水抜きをしておきましょう。

    水抜き栓以外からの水漏れ

    ガス給湯器と配管の接続部分やガス給湯器本体など、水抜き栓以外から水漏れが起きている場合は、内部で何らかの問題が起こっている可能性が極めて高いです。
    原因の究明や修理などの対応が必要になります。

    水回りのトラブルなら
    【富士水道センター】

    問い合わせ・見積もりは無料!
    24時間365日受付
    0120-033-003

    ガス給湯器の水漏れは放置してはいけない

    減圧や凍結防止機能が原因の場合を除き、ガス給湯器からの水漏れがあったとき、そのままガス給湯器を使い続けるのは非常に危険です。
    最悪、命に関わる事故が発生することもありますので、すぐにガス給湯器の運転を停止し、ガス栓と止水栓を閉めて電源プラグを抜きましょう。
    そして、できる限り早く業者に連絡して、点検・修理を受けるか、ガス給湯器の交換を行ってください。

    水漏れするガス給湯器を使い続ける危険性や放置してはいけない理由は、下記のとおりです。

    一酸化炭素が発生する可能性がある

    ガス給湯器の内部には、水を熱してお湯に変えるためのバーナーがあります。
    このバーナーに水漏れの水がかかると不完全燃焼を起こし、一酸化炭素が発生するおそれがあります。

    一酸化炭素は色もにおいもありませんが、毒性は強力で、たとえ少量でも中毒症状を引き起こす危険なものです。
    屋外にガス給湯器がある場合でも、浴室の窓から室内に入り込み、一酸化炭素中毒につながることがあります。

    漏電の可能性がある

    ガス給湯器の電気系統に水漏れの水が入ることで、ショートや漏電が発生し、火災につながる可能性があります。

    マンションの場合、階下に水漏れする可能性がある

    最初はポタポタとした水漏れでも、内部部品の破損が進むことで急に勢いを増すことがあります。
    水の勢いが激しいと、階下の部屋にも被害が及ぶ可能性があります。

    水回りのトラブルなら
    【富士水道センター】

    問い合わせ・見積もりは無料!
    24時間365日受付
    0120-033-003

    ガス給湯器の水漏れでよくある原因

    ガス給湯器の水漏れの原因として、正常な反応以外でよく見られるのは下記の3つです。

    内部部品の経年劣化

    ガス給湯器に使われている部品は、年月の経過に伴い消耗・劣化していきます。
    部品が傷んでくると本来の役割を十分果たせなくなり、水漏れが起こりやすくなります。
    例えば、内部部品のひとつであるパッキンの寿命は7~10年といわれており、これを超えると不具合が多くなるようです。

    凍結による配管の破裂

    給水管に接続されている部分の凍結対策が行われていない場合、冬場に配管が凍結して破裂し、そこから水漏れがすることがあります。
    寒さが厳しい地域より、凍結予防が施されていない比較的暖かい地域のほうが、急激な冷え込みに襲われたときに起こりやすいです。

    取付時のミス

    取付工事を行った直後からポタポタと水漏れしているような場合は、施工不良かそもそも不良品であった可能性が高いです。
    工事を担当した業者に連絡し、やり直してもらうことになります。

    水回りのトラブルなら
    【富士水道センター】

    問い合わせ・見積もりは無料!
    24時間365日受付
    0120-033-003

    ガス給湯器を修理するか交換するか

    ガス給湯器に水漏れトラブルが発生した場合、修理するかガス給湯器そのものを交換するかは悩むところでしょう。
    その際、判断の目安となるのはガス給湯器の使用年数です。

    ガス給湯器の平均的な寿命は10~15年といわれており、使用年数が長くなると、徐々に不具合が起こるようになります。
    使用環境にもよりますが、10年以上経ったガス給湯器は、1つの部品を交換しても、またすぐに別の部品に問題が起こることが少なくありません。
    一般的に、各メーカーがガス給湯器の修理部品を確保しているのも、生産終了から10年が目安なので、古い機種では修理のための部品が手に入らないこともあります。
    そのため、10~15年以上使っているなら、修理より本体そのものの交換がおすすめといえます。

    なお、水漏れの原因が配管の凍結による破裂の場合は、ほとんどの場合修理では対応できず、配管の交換になります。

    水回りのトラブルなら
    【富士水道センター】

    問い合わせ・見積もりは無料!
    24時間365日受付
    0120-033-003

    ガス給湯器の自己修理はおすすめしない

    水漏れの原因が内部部品の劣化の場合、基本的には部品を交換すれば不具合は直ります。自分で部品を取り寄せ、交換することは不可能ではありません。

    ただし、素人の修理ではほかの部分にトラブルが起こったり、ケガをしたりする可能性があります。
    また、内部部品が経年劣化を起こしているなら、今回水漏れが起きた箇所以外も劣化していることは十分考えられます。
    原因に見落としがあると、水漏れの再発や一酸化炭素中毒などの事故にもつながりかねません。

    そのため、専門知識を持っていない場合は、リスクが大きいため自分での修理はやめ、メーカーや専門の業者に修理や交換の依頼をおすすめします。

    水道修理業者に依頼する場合の費用相場

    ガス給湯器の交換を業者に依頼した場合の費用相場は、10万円~が目安です。
    詳細は、ガス給湯器のメーカーや機種によって違ってきます。(給湯器のサイズ、特殊な作業、難度によっても変わる)

    こちらで、水漏れした際の水道修理業者の選び方をご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

    水漏れ発生!水道修理業者の選び方や見積内容を解説します

    水回りのトラブルなら
    【富士水道センター】

    問い合わせ・見積もりは無料!
    24時間365日受付
    0120-033-003

    ガス給湯器を10年以上使っているなら交換を

    ガス給湯器からの水漏れは、水抜き栓からの水漏れならほとんどの場合、各機能が正常に働いている結果です。
    お湯を出してみて、問題なく使えるようなら気にする必要はありません。

    しかし、水抜き栓以外からの水漏れは、そのまま放置すると一酸化炭素中毒や漏電、ショート、階下の部屋への水漏れなど、大きな被害につながる可能性があります。
    すぐにガス給湯器の使用を中止し、業者に連絡して点検・修理を受けるか、ガス給湯器を交換するかの対応が必要です。
    ガス給湯器の寿命は10~15年なので、使用年数がこの年数に達しているかが交換の目安になります。

    富士水道センターは、出張や見積もりの費用はかかりません(詳細な調査が必要な場合を除く)。
    また、深夜・早朝の割増料金も無料で、24時間365日いつでも受けつけています。
    アフターフォローも万全で、メーカー保証とは別に、最長10年の施工保証がついています。
    水回りのトラブルで困ったら、ぜひ富士水道センターにご連絡ください。

    水回りのトラブルなら
    【富士水道センター】

    問い合わせ・見積もりは無料!
    24時間365日受付
    0120-033-003

関連記事

お風呂場の修理にかかる費用の目安は?水漏れしたときの対処法も紹介

お風呂場の修理にかかる費用の目安は?水漏れしたときの対処法も紹介

「水道の請求額が高い・・・」考えられる水漏れの原因は?

水漏れ被害が下の階まで及んでしまった時の対処方法

記事一覧はコチラから

キャラクター24時間365日深夜・早朝の作業OK!

水のトラブルはお電話ください!

24時間365日受付 割引番号 : 666
ページTOPへ